Blog&column
ブログ・コラム

浄化剤とは?どんな種類があるのかも紹介します

query_builder 2022/01/01
コラム
35
さまざまな産業で発生する産業用水を処理するにあたっては、浄化剤を用いることが多々あります。
一口に浄化剤といっても、どんな種類があるのかわからないですよね。
今回はそもそも浄化剤とは何か、浄化剤にはどのような種類があるのかを紹介します。

▼浄化剤とは?
水質や土壌などを浄化する薬剤の総称が浄化剤です。
一般的には、水質の浄化目的で使用されるものが浄化剤と呼ばれています。
浄化剤は凝集剤とも呼ばれ、水中の細かい汚れをまとめる働きがあるのが特徴です。
水と汚染物質を分離させる目的で、工業や農業などの現場で用いられます。
また悪臭防止を目的として、畜産業や水産業でも浄化剤が利用されています。

▼浄化剤の種類
浄化剤には大きく分けて液体と粉体の2種類があります。
液体は粉体と比較して安価であり、大規模排水に使用されることが一般的です。
粉体は使用しやすく、配合によっては1剤で水中の細かい汚れをまとめられます。
浄化剤を構成する成分としては、鉄系やアルミ系などが代表的です。
鉄系やアルミ系の浄化剤は無機凝集剤と呼ばれます。
また高分子凝集剤を主成分とする有機凝集剤も浄化剤の代表格です。

▼まとめ
浄化剤のおもな使用用途は、産業用水や生活排水に含まれる汚染物質の除去です。
浄化剤にはさまざまな種類があるので、排水量などを基準に選択するとよいでしょう。
当社では幅広いニーズにお応えできる商品をご用意していますので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

NEW

  • アルコールを使用しない肌に優しい除菌

    query_builder 2021/06/13
  • 真面目な除菌

    query_builder 2021/06/10
  • 浄化槽 とか グラストラップ の 匂い 対策

    query_builder 2021/06/09
  • コウロギせんべい

    query_builder 2021/06/08
  • 衛生管理とは?必要な5Sについて解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE