Blog&column
ブログ・コラム

臭いを消す消臭反応とは?

query_builder 2021/10/15
コラム
27
臭いを消すための方法はたくさんありますが、これはすべて消臭反応によるものです。
今回は、消臭反応の仕組みについて見ていきましょう。

▼消臭反応を引き起こすパターン
消臭反応を引き起こすには、いくつかのパターンがあります。
■化学的な消臭反応
悪臭の原因となっている成分に化学的な反応をもたらすことによって、消臭反応を導く方法です。
この消臭反応の組み合わせでは、酸にアルカリを中和させて臭いを消す方法が一般的ですが、悪臭に対して、臭いを消す成分を持つものを組み合わせる場合もあります。
そんな化学的な消臭反応をもたらす身近なものが、茶葉や重曹、クエン酸などで、これらが起こす化学反応により、悪臭が消えるというわけです。
■物理的な消臭反応
こちらは物を使い、悪臭そのものを封じ込める消臭反応です。
物理的な消臭反応を引き起こすものに、古くから日本で使われてきた炭が挙げられます。
現代でも悪臭がした時、炭を消臭剤代わりに使うことがありますよね。
これは、炭には悪臭成分を取り込むだけでなく、封じ込めてしまう特徴があるからです。
特に悪臭に効果が高いとして人気なのが、備長炭や活性炭で、消臭剤としても売られています。
■生物的な消臭反応
生ごみなどの雑菌が発生することで悪臭がする場合、雑菌を殺すことで消臭反応を促すことが可能です。
雑菌対策には除菌剤が有効で、これによって雑菌が少なくなれば、自然と嫌な臭いも消えていきます。

▼まとめ
悪臭を何とかしたい時は香りでごまかすよりも、臭いそのものを消し去りたいという方がほとんどではないでしょうか。
適切な方法による消臭反応で、臭いに対処したいものですね。
弊社ではご家庭から飲食店までさまざまな場所でお使いいただける、悪臭対策の商品を取り揃えております。
お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • アルコールを使用しない肌に優しい除菌

    query_builder 2021/06/13
  • 真面目な除菌

    query_builder 2021/06/10
  • 浄化槽 とか グラストラップ の 匂い 対策

    query_builder 2021/06/09
  • コウロギせんべい

    query_builder 2021/06/08
  • 衛生管理とは?必要な5Sについて解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE