Blog&column
ブログ・コラム

排水の掃除をするには?

query_builder 2021/08/01
コラム
17
排水部分の掃除が行き届かないと、嫌な臭いがしたり、害虫が湧いてしまうことがあります。
そこで今回は、排水の掃除をするコツについて見ていきましょう。

▼排水掃除のコツ
排水設備を簡単に掃除するコツは、専用のクリーナーを使うことです。
■排水設備専用のクリーナーを入れて放置
たいていの排水管は狭く、手を入れてゴシゴシこすって掃除をするのは難しいでしょう。
ぬめりや汚れがひどい場合、手を入れること自体、ためらってしまいますよね。
そんな時は、排水専用のクリーナーがおすすめです。
定められた分量を排水口から流し入れて、およそ30分から1時間ほど放置したら、勢いよく水で流します。
このとき、十分な量の水を使うのがコツで、水量と水圧の両方で排水の詰まりや汚れを押し流していく仕組みです。
■錠剤型の固形タイプも
ぬめりや臭いが気になる時の掃除には、錠剤型になった固形タイプを使うのがいいでしょう。
排水管内部の詰まりを分解するには少し力不足ですが、臭いやぬめりが気になるときは気軽に使えます。
使い方は簡単で、排水管の中にポンと錠剤を入れるだけです。
この状態で30分程度放置したら、同じく水で十分に洗い流しましょう。
こうした手軽に使える錠剤タイプは、週に1度などと決めて定期的に行うと、ぬめり予防に繋がります。
臭いが気になる時は、その都度使うのがいいですね。

▼まとめ
排水設備はどうしてもヌルヌルしていたり、汚れもひどくなりがちです。
汚れが蓄積されると掃除したくないという気になりますよね。
そんな時は、放っておくだけできれいにしてくれる排水専用のクリーナーが最適ですよ。
弊社でも、さまざまな場所の掃除に使えるクリーナーを販売しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • アルコールを使用しない肌に優しい除菌

    query_builder 2021/06/13
  • 真面目な除菌

    query_builder 2021/06/10
  • 浄化槽 とか グラストラップ の 匂い 対策

    query_builder 2021/06/09
  • コウロギせんべい

    query_builder 2021/06/08
  • 衛生管理とは?必要な5Sについて解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE